www.designfitnessclub.com
私が大学生だった時、就職は既に超氷河期に突入しており、周りの学生は皆、大学での単位の他に幾つか資格を取っていました。私も、専門職的な資格ではないものの、一般企業に就職するに当たり、持っていて損はない資格を取得しましたが、結局その資格を生かせるような会社に就職したわけではなかったので、資格の大切さをいまいち実感できないまま、社会人生活を終えました。 今春、結婚、出産後実に10年ぶりに働きに行こうと思っています。 そこで今、私に求められるものは、何よりも資格なのだと痛感しています。 事務職のパートでさえも資格を有する人が優先される現実に、学生のうちにもっと色んな資格を取っておくべきだったと感じています。実際、資格を持っている人は再就職にも強いです。特に、専門的な知識を必要とするような資格は、例え結婚や出産のブランクがあったとしても、引く手あまたなのが現状です。 私は子供達には資格の大切さを教えて行きたいです。どこの大学を出たかというのも大切かも知れませんが、やはり今は、何の資格を持っているか、も、とても大切だと思います。